気になるものには巻かれろ。

本とうどんとアメリカ横断

パーカーという概念を忘れた男

こんばんは。アメリカでは?ガオレンジャー(コスプレ)がはやっていることに、驚愕を隠せません。





さて、台北からというもの更新がないもので安否の心配も少し…大丈夫です生きてます。





20日の夜9時、日本時間で21日昼頃?ついにロサンゼルス国際空港に降り立ちました。




f:id:takatobox:20170722195039j:plain




もちろん、こいつとともに。




f:id:takatobox:20170722195251j:plain



欧米少女👧『ママー!変な東洋人がきたよ!』といわんばかりの視線を無視しながら満面の笑みで手をふると、想像とは裏腹に大盛り上がりでした。ああ、アメリカ!!




やる気は充分だったのですが、問題はこれです。タイヤの空気。



f:id:takatobox:20170722195826j:plain




空気入れを忘れてきたもので、応急処置もできません。絶望。




とりあえずその日は空港で眠り、早朝に歩いて自転車屋を探すことに。(ダンボールは空港に勝手に寄付しました)




罪悪感とダンボールを残しつつ、シャンプーみたいな空港を後にします。




f:id:takatobox:20170722200426j:plain




しかしながらそんなに運よく自転車屋が!なんことはありませんよね。




歩きました。20キロの荷物と鉄の塊と化した相棒を押しながら3時間30分。




f:id:takatobox:20170722200652p:plain




ほんっとにキツイ!!!




f:id:takatobox:20170722201040j:plain




そして想像以上の暑さにパーカーという概念を忘れた男になりましたが、




f:id:takatobox:20170722201336j:plain




オーシャンビューに助けられながら、なんとかたどり着きました。となり街サンタモニカ。




f:id:takatobox:20170722201620j:plain





f:id:takatobox:20170722201842j:plain





さあ自転車屋を探そう!そう思った矢先見えてきました「cero bikes」




f:id:takatobox:20170722202049j:plain



しかし、



待って。あ、間違えた?直感的に思いました。なんたって自転車置いてない。




話を聞いてみると自転車屋ではなく、自転車開発の会社なのだという。




とりあえず事情を説明すると、



cero bikesのお兄さん『ジャパニーズ!?よくきたね!もちろん!入れてあげるよ!』



ホントに助かりました。無料で対応していただき、なんなら少し休ませていただきました。



優しさを噛み締めながら、さあ今日は予約したゲストハウスに向かおう…



そう思ったわずか数秒後、奥から日本人の男性が!!
驚きました。これは取材せずにはいられない!(cero bikesと内容はあらためて書きます)




そしてゲストハウスまでサンタモニカのビーチ沿いを走りました。



f:id:takatobox:20170722202853j:plain




いや!すごい!サンタモニカ!!



夕方になれば街中の人がこぞってビーチに集まりサーフィン、ビーチバレー、サイクリング、ギター演奏ととても賑わいます。




f:id:takatobox:20170722203221j:plain



そりゃここを前にすると語彙力も0になりますよ。すごい意外でてこない。こんなドラマみたいな生活が実際にあるんだ…




そしてゲストハウスからビーチを眺めながら考えます。








明日も1日だけサンタモニカ観光しよう!!!




まんまとサンタモニカの魅力の虜になった男は横断の目的も忘れ、しっかり楽しむことにしました。




それでは今日は疲労がピークに達したので、どこかの国のどこかから来たトムのいびきを子守唄に眠りにつきます。



f:id:takatobox:20170722203843j:plain





では。



f:id:takatobox:20170722204005p:plain






あ、そういや目的地NYの逆方向行ってた…









サンタモニカ