気になるものには巻かれろ。

本とうどんとアメリカ横断

「もしかしてアメリカ人ってみんな親切なの?」

先日、ロサンゼルスからグレイハウンドというバスに乗った。時間は夜の12時、バス内は乗客の寝息が響いていた。


途中のバスストップに停車したとき、非常に騒がしい男性が乗り込んできた。座ると同時にひとりごとを喋り始め、周りも迷惑しているようすだ。一向におさまらないひとりごとは私も含め乗客をイライラさせていた。


「こういう人いるよなぁ」そう思いながら私はイヤホンをつけた。なにもできなかった。いや、"なにもしようとはしなかった"。


しかし、私以外の乗客は違ったのだ。堪忍袋の緒が切れたアメリカ人たちは一丸となって注意し、男性を責め立てた。運転手までもがバスを途中で停止させ「これ以上うるさくするなら途中で降ろすぞ!」と怒鳴った。


その光景を端から見ていた私は国民性とは別に"恥ずかしさ"を感じた。
ああ、そうだ日本人ってこうだ。私も含め日本人は基本的に"我慢"する。自分の意見を表に出さないことが多い。


例えば、自分が乗っている電車の車両に騒がしい乗客が乗り込んでくるとする。すると、私も含め基本的に見ぬふりもしくは他の車両に避難をするかもしれない。こういう点が日本人は"シャイ"といわれる要因だと思う。この"自分の意見を出し惜しむ性格"は誇るべきではないと私は思った。





毎日の自転車の走行中、非常に嬉しいことがある。対向車線の運転手がよく手を振ってくれたり、親指を立てて「グッド」とサインをしてくれる。途中で立ち寄るマーケットで「グッドラック」と声をかけてもらうことも。


「あーアメリカ人ってすごく親切だ!みんな優しいなあ!」そう思った私はある日、アメリカで仲良くなったジャスティンという男性に質問をしてみた。




ジャスティン、アメリカの人がよく応援してくれるけど、みんな親切だね。』



『いや、タカそれは断じて違うよ。勘違いしてはいけない。みんな親切なんじゃなくて、みんな君の"旅をしている"という情熱が好きなんだ。アメリカは親切じゃない人の方が多い。本当に気をつけて旅をしてね。』




そうだった。これまで親切な人との出会いが多くて勘違いをしていた。日本と違い、旅人を狙って襲っている人も必ずいるはずだ。旅の後半、改めてアメリカの治安のことも考え直さないと。



ただ少なくとも、ハリケーン並の豪雨の中雨宿りをしている私に「宿まで乗ってけよ!」と躊躇なく声をかけてくれ、送ってくれた君は親切だよ。


f:id:takatobox:20170816133823j:plain









8/3 AM3:00

ついに乗ることができましたアムトラック!!


f:id:takatobox:20170816165928j:plain


快適すぎてとなりでクルーも眠ってます…。


f:id:takatobox:20170816170138j:plain


快適なまま大都会アルバカーキまで移動します。列車旅もいいもんですね。



同日 AM10:00


眠ってるあいだにニューメキシコ州入ってました。


そして到着アルバカーキ!!


f:id:takatobox:20170816170643j:plain


ただすみませんアルバカーキ、そんなに都会じゃなかったです。期待しすぎてました。


あとへんな植物のトゲ踏んでパンク。散々かよ。


でも気合い入れないとアルバカーキから先は楽しいものは何にもないみたいです。


そんなわけ…


f:id:takatobox:20170816171342j:plain


f:id:takatobox:20170816171627j:plain


f:id:takatobox:20170816171844j:plain


あるみたいですね…。


あるのは自然と寂れた町とバイソンの剥製(150万)


f:id:takatobox:20170816172211j:plain


ということでこの辺は割愛。


8/4 , 8/5 と何もない町を移動し…


8/6 早朝。


向かいます。テキサス州アマリロ(都会。なんかある。)!



f:id:takatobox:20170816173342j:plain



これGoogleマップで手動で線引いてます。すんげえアナログ!


ニューメキシコ州 トゥクムケアリ



追記

更新の通知はぜひTwitterからどうぞ!!

プロフィール欄にリンクがございます!!

よろしくお願いします🙇