気になるものには巻かれろ。

本とうどんとアメリカ横断

「ねぇ、アメリカ横断してなんの意味があるの?」

先日、日本にいる友人にこんなことを言われた。




「大変そうだけど楽しそうだね。でも、アメリカなんか横断してなんの意味があるの?」




思いがけない質問にハッとした。正直なところ、考えたことがなかったからだ。
旅に出ようと決めたきっかけも100%思いつきで、「とりあえず1度だけ、普通ではないことをしてみたい」というものだった。

「文章を書くことが好きだから、普通の旅行では感じられない、見られないことを伝えよう!ぴったりじゃないか!」と。




そんな旅の途中、自分の中に楽しさとは別に "焦り" を感じた日があった。その日は疲労のピークから移動距離がすごく短かった日だ。


日本にいるときは味わったことがない感覚だった。もちろんその日も、見たことがない文化や景色を見ることができてすごく楽しかった。じゃあなんで "焦り" なんか感じるんだろう。

f:id:takatobox:20170819210041j:plain



気づいた、それは「期間」を実際に体感しているからだ。いついつの期間まで次の町にいかなければ帰国の日に間に合わなくなる。前に進まなければ「期間」が終わってしまう。そんな "焦り"。


日本で生活しているときは考えもしなかった。いや、感じられなかっただけかもしれない。人生という「期間」があるのに。
日々堕落した生活を送り、少しの幸せを感じるだけで満足し、前へ進むことを忘れていた。ありがちな大学生活だ。





1年ほど前、あるブログを読んだ。フリーライターの「さえりさん」という方のブログだ。
彼女のブログには「平和すぎるのは毒だと感じた」という記事がある。

彼女はスペインの "バレンシア" で、「平和でのんびりした幸せがあるがゆえに、向上心がなくなってしまい焦りを感じた」という気持ちをつづっている。

saeri.me



1年前ブログを読んだ私はこう思っていた。「平和でいいじゃん。のんびりした幸せと少しのお金があれば充分じゃん」と。



アメリカ横断している今、思い返すと"日本"が私にとっての"バレンシア"だったのかもしれない。

お金を払えば好きなものを食べられるし、さびしくなれば友人や好きな人に会いに行ける。簡単に幸せを手に入れることができて、現状に満足してしまう。

小さな幸せだけが渦巻いたのんびりした生活の中 "停滞" することが幸せなんだと私は本気で思っていた。悪くいえば "向上心" はなかった。

でもそれがすべて間違いだとはいえない。幸せの感じ方なんか人それぞれだから。ただ今の私は、「僕らは前へ進むことに意味があるんじゃないか」と思っている。


f:id:takatobox:20170819220418j:plain


しかし今でも私はそんな日本は好きだ。だけどアメリカ横断で感じた "焦り" の気持ちは忘れちゃいけないとおもった。
そして、自分の向上心や考え方次第で、これからの日本での生活は "アメリカ横断" にも "バレンシア" にもなりうるということも。それはどこにいても同じだとおもう。

この旅のゴールはニューヨークではなく、日本に帰って来たあともこの "焦り" を持ち続けることだと。ただし余裕ある "焦り"。





だから今、私はあの友人にこう言いたい。 「この旅の意味も、何を得られて何が成長するかもわからない。でもアメリカは "ゆっくりでも、たまに休んでもいい。それでも人生という期間の中、前へ進むことが大事だよ" ということを教えてくれたよ」 と。


今思えばアメリカ横断を決意したきっかけも、幸せを感じていた根底には焦りがあったのかもしれない。自覚がなかっただけで。





今ならさえりさんのこの記事にも共感できる。



ちなみに書くことが、伝えることが好きになったきっかけは彼女の記事を読むようになってからだ。
僕の心を動かした人のひとりだと、勝手におもってる。



※余談ですが、8/9に書籍が発売されているみたいです。『口説き文句は決めている』本屋で見かけたらぜひ手にとってみてください!

私も、帰国して2番目に行くところは本屋に決定しました(1番目は丸亀製麺)

口説き文句は決めている

口説き文句は決めている









長い、長い前置き。読んでくださった方本当にありがとうございます!本編です。



8/6 朝 ニューメキシコ州「トゥクムケアリ」を出発し、向かいましたテキサス州「アマリロ」!


f:id:takatobox:20170819221149j:plain


道中、地面からはえた車を発見!!


f:id:takatobox:20170819221425j:plain

f:id:takatobox:20170819221530j:plain


近くでスプレーを買うことができて、落書きしていいみたいです。


f:id:takatobox:20170819221715j:plain

f:id:takatobox:20170819221752j:plain


どこの国のひともこういう落書きするんですね。羨まし…微笑ましい!



アマリロは少し都会!安い宿や自転車屋さんもありました。ここまで来たら真ん中の「オクラホマシティ」までもうすぐです。



8/7



アマリロを出発し、次なる町は「シャムロック」

俄然テンションが上がります!なんたってUVERworldの代表曲じゃないか。


f:id:takatobox:20170819222527j:plain


UVERworldファンの友人に伝えると


「うっわまじで!?そんな町あるん!?住むしかないやんそんなん!次は白昼夢って町探して!」


と、興奮がおさまらない様子でした。

友人よ、白昼夢は日本語だ。

あとこんな町だぞ住むのか?

f:id:takatobox:20170819222941j:plain



ここら辺も観光地はないみたいですね。

足早にオクラホマシティへ向かうとします。




短めですが、おやすみなさい。


f:id:takatobox:20170819224820j:plain



テキサス州 シャムロック